特別支援教育班

「およその発達段階表(Ver.5)」と「抱えている困難(Ver.3)」のアセスメントシート

平成30年度 沖縄県立総合教育センター障害児就学相談委員委嘱状交付式、業務説明会及び研修会にて「およその発達段階表(Ver.5)」と「抱えている困難(Ver.3)」のアセスメントシートの活用についての研修会を行いました。

およその発達段階表(Ver.5)はこちらからダウンロードしてご活用ください(裏面はこちらから)。記録方法はPDFファイル2(裏面)に記載しておりますので、参考にしてください。

発達段階表(Ver.5)は筑波大学附属大塚特別支援学校の安部博志氏に著作権がありますが、沖縄県内での活用については許可を得ております。内容を変更せずにご使用ください。

また、活用に際して、事前に「安部博志.発達障害の子どもの指導で悩む先生へのメッセージ.明治図書」をご覧になり、このシートが作られた経緯等もご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

シートの解説

およその発達段階(Ver.5

目的:子どものおよその発達段階を把握して継続的にモニターすることによって、支援方策や就学先を検討するための客観的な資料とする。

注意事項

得られた結果は、あくまでも「およそ」の発達段階であって厳密なものではない。観察では、項目に類似する内容やエピソードも記録する。これにより、観察回数が多くなればなるほど資料としての有用性は高まる。

データの妥当性:本アセスメントシートにおける「知的発達水準」と「田中ビネーⅤ」とのデータの一致率は、±0.57歳である。

抱えている困難(Ver.3

本人が、どんなに努力しても難しいことを把握するためのアセスメントシートである。「自尊感情・意欲」と「その他」(二次障害)の部分について、最も慎重に把握するようにしている。自尊感情が低下し、二次障害に陥ってしまってからの支援は、極めて難しいからである。

出典:安部博志.発達障害の子どもの指導で悩む先生へのメッセージ.明治図書より

中高連携シート・実態把握チェックリストのダウンロード

H29年度中学校・高等学校特別支援教育コーディネーター連絡協議会で紹介した

資料の提供

下記の資料は自由にダウンロードしてご使用下さい。

中高連携シート

中高連携シート(記入例)

実態把握チェックリスト

実態把握チェックリスト(記入例)

実態把握チェックリスト(留意事項)

上記資料は沖縄県立総合教育センター前期長期研修員の那覇市立寄宮中学校教諭儀間明子氏の「通常学級に在籍する支援を要する生徒における中高連携についての考察」~進路決定過程に関する調査を通して~の成果物としてセンターHPに掲載されているものです。

特別支援学級の教育課程編成等に関して参考になる資料・サイト一覧を開設

特総研インクルーシブ教育システム普及セミナーin沖縄!

平成29年度 国立特別支援教育総合研究所 インクルーシブ教育システム普及セミナー(九州・沖縄地区)

日程:2017年12月16日(土)

時間:12:30~16:30(受付開始 12:00)

会場:沖縄県立総合教育センター(沖縄市与儀3-11-1)

定員:200名(事前申込制、参加費無料)

※詳細は下記のチラシをご覧ください(クリック)

hukyuusemina.pdf

平成29年度 国立特別支援教育総合研究所

専門医による医療相談について(無料相談)


県立総合教育センターの特別支援教育班では、障害のあるすべての子どもへの支援の充実を図るために「障害児来所相談」を実施しています。就園・就学児の場 合は、在籍する園・学校の「特別支援教育コーディネーター」を窓口として相談の手続きをおとりください。未就学児(まだ、入園・入学をしていない、家庭に いるお子さん)の場合は、直接お電話ください。専門医による医療相談(無料相談)も行っています。


相談の内容
 ① 障害のある子どもの育て方について
 ② 障害理解について
 ③ 就学・転学・進路について
 ④ 学校教育における手立てについて
 ⑤ 専門医による医療相談について
 ⑥ 発達や支援方法を確認するための検査について
 ⑦ その他・お問い合わせ    等

平成29年度 特別支援教育スキルアップ講座(自主講座)申し込み

平成29年度 特別支援教育スキルアップ講座(自主講座)の開講

1 目 的

(1)特別支援教育における専門性の向上を図り、障害のある幼児児童生徒の指導・支援に活かし

ていく。

(2)校内及び関係機関との連携のはかり方、協働した指導・支援についての対応力の向上を図る。

(3)保護者対応等教育相談に関する専門的知識及び技能の向上を図る。 

2 主 催

 沖縄県立総合教育センター 

3 日時 及び 内容

日  時

研  修  内  容(案)

平成29年7月8日(土)

 9:30~12:00

教育的ニーズ等、特別支援教育及びインクルーシブ教育に関する基本的事項の確認

平成29年9月30日(土)

 9:30~12:00

5障害、発達障害の「障害の特性理解」と子どものアセスメント

平成29年11月25日(土)

 9:30~12:00

障害のある子供に配慮した特別支援学級、通常学級の授業づくりと学級づくり

平成30年1月27日(土)

 9:30~12:00

障害のある子どもを持つ保護者への対応と教育相談、関係機関と連携した支援体制づくり

(1)教育的ニーズ等、特別支援教育及びインクルーシブ教育に関する基本的事項の確認。

(2)5障害、発達障害の「障害の特性理解」と子どものアセスメント。

(3)障害のある子供に配慮した特別支援学校、特別支援学級、通常学級の授業・学級づくり。

(4)障害のある子どもを持つ保護者への対応と教育相談、関係機関と連携した支援体制づくり。

◎講師:琉球大学大学院 教育学研究科 高度教職実践専攻 准教授 城間 園子

4 場 所

  沖縄県立総合教育センター 特別支援教育棟 第1プレイルーム

5 対 象(定員50名)

教育事務所・市町村教育委員会指導主事、特別支援学校教諭

6 申込み方法

  申込みは個人での申込みとなります。別紙のFAX送信票又はメールにて申込み下さい。

7 旅 費

  旅費の支給はありません。

新学習指導要領(告示)特別講演会

テーマ:特別支援学校幼稚部・小学部・中学部学習指導要領改訂に伴う教育実践に向けて」

目的:特別支援教育の充実及びインクルーシブ教育システム構築のための今日的課題に対応し、沖縄県各地域における特別支援教育の推進を図るとともに、新学習指導要領に即した特別支援学校・学級での教育の在り方及びその内容についての研修

期日:平成29年9月28日 (木)  14:15~ 16:40

場所:沖縄県立総合教育センター 多目的棟

講師:宮崎 英憲(東洋大学名誉教授)

参加者:

小中学校教諭、特別支援学校教諭、特別支援学校校長会、県立学校退職校長会

教育委員会指導主事、総合教育センター指導主事


当日は合計281名の参加がありました。


<参加者感想>

受講者のご意見・感想等

 受講された先生方からの感想には、キーワードとして感じた言葉で「連続性のある多様な学び」、「共に学ぶ」、「共生社会」、「通常学校との連続性」が多数見られ、参加された先生方の特別支援教育の理解を深めていることが伺える。また、「目の前の子どもに必要なことをこちらが主観的に考え、学習させるのではなく、どのようなことを身につけさせる必要があるかということに留意しながら計画・実践していかなければならないということをあらためて感じました。」、「学習指導要領は、時代にあわせて変化して、よりよい教育を子ども達に提供していくこと、大切なことは教師と児童生徒の信頼関係だということをあらためて実感しました。これからの学級経営の充実を図るように努めていきたいと思います。」等の声が寄せられ、特別支援学校だけではなく、通常の学校においても特別支援教育の視点を大事にしたいという感想が多く見られた。

本事業を利用した感想

 特別支援学校小中学校学習指導要領改訂を受け、県内の特別支援学校や特別支援学級の担当教諭、教育委員会等の指導主事に対し、特別支援教育における通常学校と特別支援学校との接続の重要性や、今後、各学校で作成する教育課程編成に向けた理論や特別支援学校新学習指導要領改訂の方向性について研修を深めることができた。

第3回障害児就学相談員研修会の実施

障害のある幼児児童生徒の保護者や関係者に対して、養育、教育及び修学に関する適切な助言ができるよう、事例の検討及び就学相談、教育相談に必要な情報を相互に交換し、就学相談員としての資質を高める研修を行った。

内容:WISCⅣの概要、検査の解釈と教育支援、検査法の見立て、発達障害の教育的支援、事例検討など

平成29年9月19日(火)9:10~16:40

      20日(水)8:50~15:40

場所:県立総合教育センター 特別支援教育棟 第1プレイルーム

講師:原田 浩司(宇都宮大学教職員大学院准教授)

参加者:特別支援学校のセンター委嘱就学相談員

    学校長が推薦する者

計26名の参加者がありました。

特別支援学校学習指導要領等の情報

アーカイブ