特別支援教育班

「およその発達段階表(Ver.5)」と「抱えている困難(Ver.3)」のアセスメントシート

平成30年度 沖縄県立総合教育センター障害児就学相談委員委嘱状交付式、業務説明会及び研修会にて「およその発達段階表(Ver.5)」と「抱えている困難(Ver.3)」のアセスメントシートの活用についての研修会を行いました。

およその発達段階表(Ver.5)はこちらからダウンロードしてご活用ください(裏面はこちらから)。記録方法はPDFファイル2(裏面)に記載しておりますので、参考にしてください。

発達段階表(Ver.5)は筑波大学附属大塚特別支援学校の安部博志氏に著作権がありますが、沖縄県内での活用については許可を得ております。内容を変更せずにご使用ください。

また、活用に際して、事前に「安部博志.発達障害の子どもの指導で悩む先生へのメッセージ.明治図書」をご覧になり、このシートが作られた経緯等もご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

シートの解説

およその発達段階(Ver.5

目的:子どものおよその発達段階を把握して継続的にモニターすることによって、支援方策や就学先を検討するための客観的な資料とする。

注意事項

得られた結果は、あくまでも「およそ」の発達段階であって厳密なものではない。観察では、項目に類似する内容やエピソードも記録する。これにより、観察回数が多くなればなるほど資料としての有用性は高まる。

データの妥当性:本アセスメントシートにおける「知的発達水準」と「田中ビネーⅤ」とのデータの一致率は、±0.57歳である。

抱えている困難(Ver.3

本人が、どんなに努力しても難しいことを把握するためのアセスメントシートである。「自尊感情・意欲」と「その他」(二次障害)の部分について、最も慎重に把握するようにしている。自尊感情が低下し、二次障害に陥ってしまってからの支援は、極めて難しいからである。

出典:安部博志.発達障害の子どもの指導で悩む先生へのメッセージ.明治図書より